あすきん

腹筋と腕立て伏せとストレッチで総合的かつ安易に肉体を鍛えるブログ

2012年09月

名称未設定 1
といっても写真や映像でしか見ていないので
うさぎを完全に描いたとはいえないのですが…。
ここでは写実性やデフォルメよりも「動き」を意識します。


名称未設定 2
細かいタッチを重ねるのではなく、
1本の長いストロークによる描画を心がけます。


名称未設定 3
平行線や集中線といった「効果線」や、
ピョンピョン、ドドドド、アッーなどの文字を書き加えても
動きを表現することはできますが、
ここでは動いているうさぎそのものに注目し、
重心の位置、体重移動、運動の向きを感じ取ります。


続きを読む

名称未設定 1
やはり1本の線で描く場合には濃淡の表れる油性ボールペンではなく
ミリペンか、顔料インキのボールペンを使ったほうがいいです。


名称未設定 6
昔の、線を何本も何本も重ねていたころの絵に比べると
「線画」「ペンスケッチ」に近づいたことがわかります。

筆圧の加減で濃淡をつけることができる油性ボールペンを使うと、
「一発描き」をせずに「何度も」線を引けるので
なかなか上達しなくなってしまうんですね。


名称未設定 4
これは幾分マシですが、こういう雰囲気の絵なら「鉛筆」で済んでしまいます
ボールペンの特性を生かせないなら、ボールペンを選ぶ意味がありません。


名称未設定 1
よりマシになったスケッチ。
鉛筆画と違い、デッサンよりも「線」そのものを大切にするのです。


さて今回はこのトンボ MONO BALL IIで描きました。

続きを読む

名称未設定 1
やはりσ(゚∀゚ ∬オレは猫よりうさぎのほうが(・∀・)イイ!!


名称未設定 2
うさぎの時代\(^o^)/ハジマル


名称未設定 3
このころ
うさぎのデフォルメは目を丸くするより「点」や「棒」のほうが可愛い
ということに気づく!

続きを読む

このページのトップヘ