名称未設定 1
左はこれまでどおり「トンボ モノボール2」です。
右がヨーロッパで愛されているwwぺんてる エナージェル・ユーロ。
ぺんてる エナージェルユーロ0.5mm 黒
ペン先を傾けていると描画しにくいタイプです。


名称未設定 2
左は未体験のなめらかさ()、最上の美しさ()。
ぺんてる ビクーニャです。
ビクーニャ ボールペン 0.7mm【ブラック軸/黒インク】 BX157-A
見ての通りこれはダメですね。ボタ落ちしすぎです。

右はたぶん最も低価格なぺんてる ハイブリッドです。
ぺんてる ハイブリッド(ステッチグリップ付) 黒 K105-GA
やや引っかかる感じがあり値段相応というものでしょうか。


名称未設定 3
左はゼブラ スラリ、世界新!wwwwです。
ゼブラ スラリ0.5BNS 11‐BK
これもジェットストリーム、ビクーニャと並ぶダメなペンですね。
ノック式のボールペンに使用されているインキがダメなのです。
キャップをしなくても乾かないインキがボタ落ちを生じさせます。

右は三菱 濃くにじまないゲルインク シグノです。
三菱鉛筆 ユニボール シグノユニボール シグノ(0.5m/m)【黒】 UM-100.24
ときどきボタ落ちする以外は優秀なペンです。


名称未設定 4
左はトンボ 水性サインペン・プレイカラー2です。
トンボ 水性サインペンプレイカラー2 36色セット GCB-013
ばら売りしているのは珍しく入手しづらいかもしれません。
サインペンという構造上、インキのボタ落ちは起こりませんが
ミリペンと同様、先端が破損しやすい可能性がありますね。

右はイラスト・漫画では古くから定番とされている
パイロット ハイテックです。
ハイテック05 黒 LH20C5B
この中では値段が最も高いということを除けば、
非の打ち所のない書き味です。



ボタ落ちするボールペンは大変見苦しい跡を残しますから、
モチベーションを保つためにもきちんと選ぶことをお勧めします。

もちろんどんなペンを使っても構わないのですが、
インキの種類や機構によってボタ落ちしやすいものがあることを
覚えておいてください。